貸倒引当金の設定時・取り崩し時の消費税の扱い。簿記

貸倒引当金の設定時・取り崩し時の消費税の取り扱いの特徴(備忘録)

貸倒引当金設定時の消費税の処理

貸倒引当金の設定時には、「消費税込み」で設定します。

例:受取手形540円(税込)、売掛金1080円(税込)に設定

貸倒引当金繰入 1620/貸倒引当金 1620

貸倒引当金取り崩し時の消費税の処理

前期分(受取手形540円(税込)・売掛金1080円(税込))債権が当期に貸倒れた際の、貸倒引当金取り崩し

貸倒引当金 1500  / 受取手形 540
消費税   120 売掛金  1080

個の場合、貸倒引当金設定は1620円ですが、貸倒時の取り崩し額は1500円となるため、貸倒引当金が120円分使われないで余ることになってしまいます。

「貸倒引当金が余ってしまうのは良いのか?」と最初違和感がありましたが、貸倒引当金は会計期間ごとに差額補充法・洗替法で更新されていくため、この消費税分の差額は誤差と考え、あまり気にする必要はありません。

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報項目別に纏めています!
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする