海外現地の交通機関を公式サイトから、英語で直接予約する方法・手順を解説♪

こんばんは!ミッコです!

ここでは、海外旅行の個人手配で、英語で現地交通手段(列車)を予約する方法をご紹介します♪

現地交通機関をあらかじめ予約する手段は二つあります。

一つが、以下の日本語予約代行サイトを経由して、予約をする方法です。※検索をしてヒットした場合

海外現地の交通手段を日本語で簡単に予約する方法♪日本語サイト経由のメリット・デメリットはなに?

もう一つが、今回ご紹介する、「現地の交通機関の公式サイトから、直接予約する」方法です。

こちらは言語選択ができますが、日本語がない場合は、英語で対応をする必要があります。

しかし、どのサイトもわかりずらい表現は避け、シンプルな予約画面を提供してくれているため、単語を調べながら進めていけば、意外に簡単に予約ができます。

海外での交通機関を安く予約して、海外旅行の出費・お金もどんどん節約しましょう♪

現地交通機関の簡単予約手順のご紹介♪

ここでは、イタリアの鉄道会社の公式サイトから、事前にチケットを予約する手順をご紹介します♪

まず、その国で鉄道にのる場合、どういう鉄道会社がメジャーか、Google検索で調査します。

※検索ワード:「イタリア 鉄道 会社 予約」など

そこで出てきた、今回は「トレニタリア(trenitalia)」の公式サイト(英語)で予約します。

※日本語で「トレニタリア 予約」と検索すると、日本語予約サイトが出てきます。
英語で「trenitalia reserve」などと検索をすると、英語サイト(料金が安い)が出てきます!

トップで表示された「Trenitalia – Homepage English」に入ります。

下記画面が表示されるので、「From」に出発地、「To」に到着地・駅名を入力、
そして片道の場合は「One Way」 往復の場合は「Return」にチェックを入れ、一番右に大人、子供の人数を入力します。

そして「Search」をクリック!

すると、以下のように、条件にあった列車の一覧が出てきます。
「Duration」が所要時間なので、今回は下記リストの上から2番目の列車を選択します。

該当列車の「Price」をクリックすると、以下、列車の詳細画面と、等級選択画面に移ります。
初期画面では、赤の部分「Standard」「Super Economy」に設定されています。

右に行くほど等級が良い席です。また、以下は該当される方がいれば選択しますが、旅行者では
あまりいないかと思います。

(縦軸)
Cartafreccia Senior Da 60anni  →60才以上CartaFRECCIA保有者
Cartafreccia Young Fino 26anni  →25才以下CartaFRECCIA保有者
※CartaFRECCIA=会員カード。これがあると、割引料金が適用されます。発行にはイタリアの住所情報が必要。。

等級を選んだら、右下の「continue」をクリック!

このとき、このボタンすぐ上の「Choose the seat」にチェックを入れてクリックをすると、座席を選択できます!

次画面で、追加で〇ユーロ払うと、アップグレードできますよ!と表示が入りました。

これは、追加したくない場合は、「I continue without change」をクリックします。

そして、座席選択画面に移ったら、好きな座席をクリックして選択し、右下の「Continue」をクリック!

one wayでよい?returnはいらない?となど表示が出てきますが、片道でよい場合は、「one way」をクリック。

そのあと、個人情報入力画面になります。

会員登録していない場合は、(する必要もないので)「Go on without log in」を選択し、下の「Passengers」部分の入力をします。

氏名、誕生日など入力します(Loyalty code、Contact numberなどの入力は不要です)。

その下の「Add other services」も、オプションなので、必要ない場合は無選択でOKです。

最後に、クレジット情報を入力する画面になり、情報を入力、「Continue」を押して、完了です!

すこしややこしいのが、Do you need help? や、他のサービス(有料)も予約する?などの表示がたびたび
出てくるところです。これは任意のため、無視して手続きを進めてよいです♪

どの国の鉄道予約サイトでも、英語サイトはほぼ存在していますし、出てくる英単語も共通のものが多いです!

一度直接予約で英単語を覚えたら、予約のハードルはかなり下がると思います♪

今回はイタリア鉄道の予約を例で出しましたが、フランス、ドイツ、イギリス、どの国の鉄道も予約サイトがあり、英語で予約ができます。

日本語サイトで予約をするよりは(手数料がない分)安く予約できるため、海外旅行の際にはぜひ、直接、海外の交通機関公式サイトからのチケット予約して、お金を節約されてください♪

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報を項目別に纏めています!
クレジット、銀行預金口座、携帯・通信費、海外旅行個人手配などさまざま♪ ミッコの経験に基づいています♪
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

海外現地の交通手段を日本語で簡単に予約する方法♪日本語サイト経由のメリット・デメリットはなに?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする