現金・当座預金・手形の違い・特徴を解説!取立依頼時の処理等 簿記

ここでは簿記の論点のなかの、現金・当座預金・約束手形の扱い方の違い・特徴を紹介します。

現金の仕訳・処理方法の特徴

受取時 現金/〇

取立依頼時 当座預金/ 現金

取立完了時 仕訳無し

※取立依頼:現金や小切手を当座預金に預け入れる手続きのこと

現金には、硬貨・紙幣のみではなく、小切手も含みます。

現金の最大の特徴としては、手元にあるか無いかで仕訳処理をする点です。

現金・小切手を受取時は受け取った段階で「現金/〇」の仕訳を切ります。

取立依頼時には、銀行に現金・小切手を手渡して当座預金への預け入れを依頼するため、現金・小切手は手元から離れている状態です。そのため、取立依頼段階で「当座/現金」の仕訳を切ります。

当座預金の仕訳・処理方法の特徴

入金時 当座預金/〇

出金時・小切手振出時 〇/当座預金

自己振り出し小切手受取時 当座預金/〇

当座預金の当社仕訳としては、当社の現金・小切手預け入れ時や、取引先等からお金を入金されたときに「当座預金/〇」の仕訳を切ります。

出金時も出金時に「〇/当座預金」の仕訳を切ります。

当社が小切手を振り出して他社に交付する場合は「〇/当座預金」と仕訳を切るため、仮にまわりまわってその「過去に当社が振り出した小切手が当社に戻ってきた」場合には、その小切手を現金として処理するのではなく、「当座預金/〇」の仕訳を切り当社の当座預金を増やします。(←過去の「〇/当座預金」仕訳の取り消し)

約束手形の仕訳・処理方法の特徴

受取手形の場合

手形受取時 受取手形/〇

取立依頼時 仕訳無し

取立完了時 当座預金/受取手形

手形受取時は、受取手形/〇の処理をします。

手形の取立依頼時には、仕訳処理をしません。現金の取立依頼時には現金が手元から離れるため「当座預金/現金」の仕訳を切りますが、手形については、手元にあるか無いかでは無く

取立が完了したか否か」を基準に仕訳処理をします。

そのため、取立完了時(当座預金に受取手形分の金額が入金された時点)で、「当座預金/受取手形」の仕訳を当社で切ります。

(支払手形の場合も、受取手形と同様です)

上記の処理方法の特徴・違いは簿記3級から税理士簿記論まで全ての試験で必要になる基礎知識ですので、しっかり理解しましょう!

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報項目別に纏めています!
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする