コンタクトの最安値は通販~ほぼ毎日使用だと2weekがコスパ高し!

コンタクトレンズは実店舗で購入するより、通販サイトで購入すれば、同じ商品でも安い値段で買えますよね!

通販って、安くて買いに出かける手間も掛からなくて、本当に便利ですよね!!

コンタクトレンズは実店舗で購入するとき、正規価格から割引キャンペーンなどもありますが、それでもやっぱり、通販サイトの方が安くてコスパが高い!!(ミッコ調べ)

今回はコンタクトレンズの通販サイトの話と、2週間のコンタクトレンズのコスパの高さについて語ります♪

生活用品へのお金の出費は継続的なものなので、コツコツ節約していきたいですね♪

実店舗購入だと、購入分と目に装着したコンタクトも手に入る~でも通販サイトの方が低価格

私は通販サイトでコンタクトレンズを購入し始める前は、ハートアップというお店でコンタクトレンズを購入していました。

ハートアップ 公式サイト

ここはメルマガを登録すると、1年に2回くらい、正規価格から30パーセント割引キャンペーンを受けられるんですよね。

このキャンペーン狙いで、毎回ミッコは、アルコン製のエアオプティクスEXアクア(シリコン・1ヶ月) を半年分ずつ購入してました。

期間が1ヶ月間だと長期間利用できるので、その分「お金の節約になるよね♪」って思ってました。

あと、ハートアップ以外の店舗でもそうだと思いますが、実店舗でコンタクトを購入するときには、併設の眼科で簡単な診察を受けて、試しにコンタクトレンズを目に装着します。

そして、コンタクトレンズを例えば3ヶ月分購入する場合、

目に装着済みのコンタクトレンズ+3ヶ月分

のコンタクトレンズを貰えます!

実質4ヶ月分のコンタクトレンズを3ヶ月分のお金で手には入ります。

それでも!!

通販サイト、楽天市場、アマゾンなどで調べると、同じ商品でまとめ買いをして、1ヶ月分のコンタクト料金で換算すると、上記のことを加味しても通販価格のほうがほぼ低価格でした。

使用期間を1ヶ月タイプから2週間タイプのコンタクトレンズに変更

また、ミッコはこれまで、2週間タイプと1ヶ月タイプのコンタクトレンズの使用経験があります。

両方使ってみて、ミッコ的には2週間(2week)のコンタクトレンズのほうがコスパ高いな~と感じました!

最初は、1ヶ月のコンタクトレンズは利用期間が長い分、枚数が少なくて済むのでお金の節約になると思っていて、使っていましたが。。

でも、1ヶ月の間、1枚のコンタクトレンズを快適に利用し続けることが、ミッコにはできませんでした!!

なぜかというと、コンタクトを長期間利用する内に、ちゃんと手で洗浄処理をしていても、コンタクトレンズに汚れが蓄積?して、

目に装着していると違和感・視界のかすみを最後1、2週間は感じるようになり、コンタクトを快適に利用できなくなったからです。

(←これは経験者の方にはわかる人が多いと思います!)

そのため、1ヶ月タイプだけど3週間の利用したら交換する!こういうスタイルにミッコは徐々にシフトしていき。。

これだったら2週間タイプのコンタクトのほうが安いし快適では?となりました。

両方のタイプを使ってきて気づきましたが、1ヶ月タイプも2ヶ月タイプも、同じ洗浄液で、同じ洗い方で洗浄しても、3週間経った頃から快適な使用感が減ってきます

両方同じなんですよね。。(←ミッコの意見)

だから、2週間タイプのコンタクトを2~3週間利用する。この方が快適に利用できて、両方を3か月分購入した場合の1か月換算で計算すると、2週間タイプのほうが安く利用できます。

(←2週間タイプを3週間使うのは自己責任でお願いします笑。ミッコは全く問題ありません!)

※一般的にコンタクトの酸素透過率は、1か月 >2週間 で作られていて、その分1か月タイプのほうが少し価格が高く設定されています。

コンタクトレンズを利用していると、毎日洗浄していても汚れが蓄積していき、徐々に透過率も低下していきます。

実際、どちらがどれだけ低下していくかわからないですが、ミッコは1か月タイプのコンタクトでも3週間たったら快適に利用できなくなって。。

2週間タイプも3週間まで快適だったので、2つの間に値段の差ほどの性能差ってあるのか?と思っております笑

コンタクトレンズへのお金の出費を節約するためには、ほぼ毎日利用する方だと、ワンデーはまずもったいない!1か月タイプは、快適に利用できる方にはおススメ!

でも、2weekはかなり快適に利用できる!そして、お金的にコスパが高い!ことを今日はお伝えしました♪

<当ブログは、日常生活の中で実践できるお金の節約・お金を増やす術・方法を項目別に纏めています!
クレジット、銀行預金口座、携帯・通信費、海外旅行個人手配などさまざま♪ ミッコの経験に基づいています♪
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする