会社の飲み会が嫌いなら「断るキャラ」作りで不参加に。罪悪感を最初だけにする方法

会社の飲み会、一体どれだけの社員が「心から参加したい」と思って参加していますかね笑??

私的には、社会人のほとんど仕方なく、会社の飲み会に参加してると思います(表にはもちろん、そんな本音は出しませんが)

だって、友達とか同年代の人たちと開催する飲み会と比較して、

会社の飲み会って、楽しいですか笑??

正直、楽しくはない笑!!

お金を無駄に払って、飲食店で残業代の出ない残業してる気分ですよ(爆)

私の周りも、会社の飲み会に付き合いで嫌々参加している人が本当に多いですし、ネットの掲示板を見ても、会社の飲み会が嫌いな人ばかりなので、むしろ

会社の飲み会好きなのって、飲み会で威張れる幹部だけじゃない笑?

と本気で思ってます。。m(__)m

なので、飲み会が嫌いな私は、年一回の忘年会以外は、全ての飲み会参加を断っています

嫌な飲み会を断れるようになれれば、精神的に凄く楽になります(^^)

無理をして会社の飲み会に参加していて、でも「本当は断りたい。。

今回は、そんな方向けの記事です。

飲み会参加を断るのは勇気がいるように思われるかもしれませんが、意外に簡単なんです!

飲み会を楽に・容易に、かつ罪悪感無く断るためのコツは、自分に

「飲み会断るキャラ」を定着させることです!

私が会社の飲み会参加を断れるようになった、この「断るキャラ」作りの方法を紹介します♪

そもそも会社の飲み会に参加したくない・嫌いな理由

会社の飲み会って、「お酒大好き&飲み会が大好きな人」を除いて、

ほとんどの人は嫌いもしくは気乗りしないものだと思います。

なぜかって??

だって、会社の飲み会は、基本的には仕事の延長戦みたいなものだから(T_T)

社会人で会社の飲み会が嫌いな人はたくさんいますし、「嫌いな理由」もはっきりしています。

年代の違う会社の上司・同僚と話が合わない・楽しくない

そもそも、会社の上司や同僚と、会社以外の場所で、何を話せばよいのでしょうか??

自分も相手も話が盛り上がる、楽しめるような、「共通の話題」はありますか??

私に関しては、ほぼ無いですよ笑

年齢がかなり上の上司に対して、自分の趣味であるカフェ巡りや女子旅、ヨガのことを話しても良いですが、

その上司(男性)がカフェ巡りや旅行、ヨガを未経験&興味ゼロだった場合は、話がまず盛り上がりません。

すぐに沈黙タイムが始まります笑

年代が離れているとその分、共通で盛り上がれる話題が少なくなるんですよ!

だから必然的に、部下であるこちらが、上司の興味の有りそうな話を持ちかけたり、(正直あまり興味のない笑)上司の仕事話や昔の武勇伝を引き出します笑

会社の飲み会が開催されるたびに、同じような話を何回も聞くことになります。

年代の近い人や、友達との飲み会だと、こちらの話に共感してくれたり、アドバイスをくれるような飲み会になるので、とても楽しいですよね。

でも会社の飲み会は、あまり心から楽しめない、上司への接待要素が強いものと感じます笑

飲み会の時間が有意義で無い・無駄に感じる

会社の飲み会の時間を、有意義に感じない無駄に感じてしまうから行きたくない・嫌いという人も多いです。

無駄に感じてしまう理由は、

  • 飲み会の時間が楽しくないから
  • 身になる話をあまり得られないから
  • 飲み会の時間を、他のことに有意義に活用したいから

だと思います。

飲み会が楽しくない理由は、上司に話を合わせたり、気を遣ったりで、自分が楽しめる時間にはならないからですよね。

あとは、会社の飲み会では、意外に為になる・身になる話が上司から聞けないことも、飲み会の時間を無駄に感じてしまう理由です。

最初の何回かはまだ良いんですよ。

仕事上の悩みがあって、アドバイスが欲しいときに、上司は適切なアドバイスをくれると思います。

でも、何回も何回も飲み会に参加していると、そういうネタが尽きてきます。

身になる話は、上司や同僚から無尽蔵には出てきません

だからこそ、会社の飲み会に無意味に参加し続けると、徐々に「仕事の愚痴」や「同僚の愚痴」、「家族の愚痴」などが多くなってきて、

聞いていて役に立つ話は聞けなくなってくるんです。

これが惰性ですね。

私が参加する年上上司との飲み会で多い話題は、

人間ドッグ、メタボ、歯周病など。。

最近メタボと指摘されたから食事制限をしているとか、歯茎が弱ってきたから定期的に歯科検診を受けているとか、

自信満々に楽しく語られても正直困る。。

(いや、とても優しい上司ですけどね笑)

社員が、こういう内容の会社の飲み会を無駄な時間に感じたとしても、誰も責められないですよね。(私も正直、無駄に感じちゃいます。。)

他にも、会社以外のプライベートの時間を優先させたい、やりたいことがある社員にとっても、会社の飲み会の時間は無駄なものに感じます。

就業時間外に飲み会をするくらいなら、その時間を私の自由にさせて!!

ってな感じで。

私も会社の飲み会が嫌い(苦手)なので、飲み会が終わった後には、

やっと終わったー。。という開放感と、疲労感で一杯になります。

そういう人にとっては、会社の飲み会の時間は無駄な時間になります(>_<)

飲み会の会費・お金がもったいない

会社の飲み会が嫌いな人の中には、「飲み会の会費のお金が無駄だから行きたくない」人がかなり多いと思います。

これは当然ですよね!

だって、会社の飲み会って、無駄に会費が高くないですか??

2000円くらいだったらまあ許せますが、多いときは「3000円~5000円」とかします。

これだけお金があったら、飲み屋よりももっと美味しいランチやディナーを楽しめます。

休日の高級ホテルの優雅なデザート・ケーキブッフェにも行けちゃいます。。(T_T)

そう考えると、飲み会に数千円のお金を出費するのが馬鹿らしくなってくるんですよね。。

特に、元々お酒を飲め無い人や、お酒が苦手な人にとっては、「飲み放題料金込み」の価格設定で開催される会社の飲み会は、苦痛以外の何物でもない!!

「会費を安くする努力」を会社側がしてくれれば良いですが、そうはせず、一方的に高価格の会費を設定してくるような職場環境にいる社員(ほとんどそう?)にとっては、

会社の飲み会は、「自分のお金を湯水のごとく消し去っていく、憎っくき存在」になります。

「断るキャラ」作りで罪悪感ゼロに!職場内の日常でキャラを定着させる方法

会社の飲み会が嫌いになる理由は、これまで見てきたようにたくさんあります。

むしろ、参加するメリットがあまり無いですよね。(意欲的に出世を目指している社員にとっては必要かもですが)

ですので、「会社の飲み会に参加したくない」という、自分の意志が固まった場合には、

自分に嘘をついてまで、無理に会社の飲み会に参加する」必要なんて全く無いのです。

堂々と、「飲み会不参加」を貫けば良いのです。

しかし、会社の飲み会に参加したくない社会人は実はかなり多いのに、嫌々参加し続けている人が多くいるのも事実です。

なぜかと言えば、そういう人は、参加を断るときの「罪悪感を回避したいとか、もしくは他の飲み会参加者から後々「悪く思われるのを恐がっているという事情があるから。

この気持ちは、凄くよくわかります。

私も、最初はそうでした。

でも、断るときの罪悪感や、同僚・上司からどう思われるかを気にして、

これから未来永劫、参加したくない会社の飲み会に全て、無理して参加し続けますか??

私はこれが嫌だったので、割り切って会社の飲み会を、基本すべて不参加・欠席にするようにしました。(一年で参加する飲み会は忘年会1回のみ笑)

会社の全ての飲み会を断るのは、最初は勇気が要りますが、断り始めてしまえば実はこっちのもんなんです笑!

罪悪感等を感じずに、毎回、会社の飲み会を華麗にスルー・欠席する簡単な方法は、

断るキャラを定着させること

なのです!

「断るキャラ」作りがなぜ飲み会回避に有効か・メリットはこれ

断るキャラ作りとは、ズバリ

「この人は飲み会の誘いを断るだろうな」と、あらかじめ相手に思わせるような、自分の「キャラ作り」をしておくことです。

え? これって、自分のイメージを逆に悪くしない??

と思いますか??

確かに、

飲み会に参加しない=会社の人間と積極的に交流を取りたくない

と思われてしまう可能性も多少ありますが、飲み会を断る・参加しない理由がしっかりしていれば、むしろ悪いイメージは持たれません。

まず、断った時の相手からの反発・反動が少ないというメリット。

飲み会に誘われて「お断り」をするとき、もし自分に「断るキャラ」が定着していれば、断られた側も、

「この人はいつも飲み会不参加だからな、まあしょうがないな」

と思ってくれますよね。

相手「自分が誘ったから断られた、前Aさんに誘われた時は喜んで参加してたのに。。」

このパターンが一番ややこしいので、これを避けます

常に誰に対しても、「断りキャラ」を定着させるのです。

そうすれば、飲み会を断られる相手側からしても、「断られるのが普通」になるため、

断られたときの相手側のダメージや、自分側への反感かなり小さくなるのです。

また、飲み会を「断るキャラ」作りをすることで、相手側だけではなく、自分側のメリットも有ります。

  • 罪悪感を感じず誘いを断れる
  • そもそも誘われる回数が減る

断るのが普通になり、かつ周りにも「この人は飲み会に来ない人」というイメージ(キャラ)を定着させれば、飲み会を断るのに抵抗感が無くなり、罪悪感も減るでしょう。

精神的にとても楽になります!(経験談。笑)

また、断るのが普通になれば、

不必要な飲み会に、周りから誘われる頻度もどんどん減っていきます笑!

これもかなり嬉しいメリット!

断る機会も減り、罪悪感も減り、最高の正のスパイラルがやってきます(o^^o)

ではこの「断るキャラ作り」は、具体的にどう作っていくのが有効でしょうか??

私の実践した、徹底した「飲み会断るキャラ作り」を紹介します笑

お酒が好きではない・飲めない体質の「断るキャラ」をアピール

まずは、お酒が好きではない、お酒が飲めない体質であるとアピールすることです。

これは実際私もそうだったのですが、飲み会に参加してもお酒があまり飲めないため、いつもソフトドリンクばかり飲んでいます。

そうすると、

「○○さん、お酒飲まないの~?」

と上司・同僚が聞いてくるので、私はいつも

お酒が飲めない体質なんです、無理に飲むと体調が急激に悪くなるんですよ~

と言っていました。

他にも、

「お酒を少し飲んだだけで病院送りになったことがあって、そこでアルコール検査をしたら、お酒を一滴も飲めない体質だと指摘されたんです」

「その後、大学を一週間体調不良で休んだんですよ。。(>_<)」

とか、要所要所で言っていました。

お酒が飲めない、楽しめない人を、お酒中心の飲み会に誘うのは気が引けますよね。

それに、飲み会に参加しない理由として、「お酒が飲めない」これには、

反感を持つ心の狭い人もいますが、受け入れてくれる人もいます。

これに加えて、私は

お酒で倒れてから、アルコールの匂い自体も苦手になりました。。頭痛がします(笑

と(あからさまで無い程度に)アピールをしていました笑!

これを言って、無理に飲み会に誘ってくる上司・同僚は一人も居ませんでしたよ笑

むしろ、こんなにお酒苦手な人を誘う人は居ないですよね。

お酒が飲めない体質は、自分の努力では改善しようがないことなので、

この体質を責めたり、飲み会に強制参加させようとすることはあまり無いと思います。

「飲み会断りキャラ」作りで使える定番が、このお酒飲めない体質です。

就業時間後に常に用事がある・忙しい「断るキャラ」を演出

これは、絶大な効果があります!!

終業時間後に、大事な予定が常に入っているような人を、同僚は無駄な飲み会に誘い続けられるでしょうか??

普通の思い遣りのある人だったら、飲み会の誘いを自重しますよね!

ではこの、常に忙しい・用事がある自分を、具体的にどう演出して「断るキャラ」作りをするか! ですが

いくつかパターンがあります笑

例えば以下のような、私生活が充実した自分を作り出す方法(^-^)

  • 同業の知り合い・先輩との付き合いがたくさんある自分
  • 料理教室に毎週複数回通う自分
  • 資格の勉強・セミナー参加・講座受講をする自分

全部嘘で良いんですよ。

一つ目は、仕事後に、同業者の友達・先輩との付き合いが多い、交友関係が広い自分をアピールして、そのキャラ作りをすることです。

※同業者というのがポイント。そういった交流は今後の仕事の糧になる場合があるため、上司・同僚も反対をし難いのです。

いつも予定が埋まっている自分(=断りキャラ)を職場の同僚に印象付けられれば、容易に会社の飲み会を断れます!

また、女性の場合は、終業後に自炊のために料理教室に通っている、というアピールもできます。

「料理教室に通う」ことは、誰から見ても好印象ですよね!

私の場合は会社の同僚に、料理教室に趣味として終業後に週2回通っていることと、とても役に立つ内容で毎回楽しんで参加していることを、明るく共有していました(^^)

週2回は、飲み会の多く開催される定時退社日金曜日に設定。笑

また、キャンセルはお金がかかる設定作りも。(←もちろん嘘)

上司も同僚も、部下の終業後の趣味のための時間まで無理に拘束しようとは基本しませんから、このキャラ作りは有効です。

他にも、終業後の時間に資格勉強をしている、とか、仕事に役立つセミナーに参加している、など、積極的に自己啓発に励んでいることを上司・同僚に随所でアピールします。

こちらも、将来の仕事に役立つような、実りのある活動なので、こういった自己啓発活動に力を入れている自分を常に演出することで、

飲み会断りキャラ」を確立できますよ(^^)

※私は上の全ての作戦を実行済みです笑

個人的には、この忙しい自分を演出する「断りキャラ作り」の方法が一番、飲み会を断るときの罪悪感が少なく、かつ上司や同僚も温かく受け入れてくれたと感じましたよ!

両親・家族の事情で、倹約生活・貯金生活をしている「断るキャラ」作り

最後は、飲み会に参加するお金がなく、倹約している自分を演出し、飲み会を「断るキャラ」を作る方法です。

これは、私の同僚に実際にいました。

その方は、同居している両親の介護が必要で、

  • 終業後は早く帰宅したい
  • 会社で稼いだお金は介護費用・生活費用に充てたい

という、明確な、飲み会に参加できない理由がありました。

こういう方を無理に飲み会に誘うなんて、有り得ないですよね。誘ったら、むしろその人が常識が無さ過ぎます。

こういった、家庭事情やお金事情が少しでもある方は、それを少し誇張して断るキャラ作りの土台にすると良いですよ!

ただ、このキャラ作りは少しデリケートで、嘘八百がバレたときには会社の仲間からの信頼を無くします。

なので、お勧めのキャラ作りは、以下のような方法♪

  • 貯金が少ないため、結婚資金を貯めている
  • 家族の体調が悪化したため、将来に備えてお金を貯めている
  • 子供のために倹約生活をしている

どの理由付けも、将来のために堅実にお金を貯金しようとしている姿をアピールできるので、悪い印象は抱かれにくいです。

特に子供がいる方は、子供の世話が忙しい、お金を貯金したい、など、飲み会を断るには最もな理由付けが可能なので、

断るキャラ作りに簡単に利用ができますよね!

私の場合は、貯金が少なく(←)、将来結婚するときのお金が不安(←)と冗談混じりで職場の同僚と雑談を(意識的に)していたので

お金を貯金するために飲み会を断るという「断るキャラ」も定着させていました笑

いかがでしたか???

飲み会不参加を伝えるときに、断る罪悪感から

今回参加できずすみません!次回はぜひ参加したいので、お願いします~

なんて、偽善的な事を言って断るのは、最終的に自分を苦しめていきます。

社交辞令が伝わらない人もいるのです。

これから未来永劫、無駄な飲み会には極力、参加したくない!

と決意された方は、この「飲み会断るキャラ」作りをして、

罪悪感を感じずに、全ての飲み会を華麗にスルーしましょう(^_^)

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報項目別に纏めています!
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする