オイルフリークレンジング剤の成分表での見分け方!プチプラで肌に優しい製品の例・種類を解説!

毎日、お化粧を落とすために必要なクレンジング剤は、お肌に優しい製品を利用したいですよね?

私もそうなのですが、オイル成分配合のクレンジング剤を使用することで、お肌トラブルを引き起こすことがあります。

ニキビ・吹き出物が急にできたり、いつも以上にお肌が乾燥してお化粧のりが格段に悪くなったり。。

こういった肌トラブルは、敏感肌乾燥肌持ちの人が、オイル成分配合のクレンジング剤を使用することで起こりやすくなります。

こんな肌トラブルを避けるためには、

オイルクレンジングを避ける!

これが最善策です♪

まずは、オイル配合か否かを、クレンジング剤の種類や、製品裏面の全成分表から見分ける方法を簡単に紹介します。

加えて、サンドラッグやマツモトキヨシ、トモズなど、近くのドラッグストア(薬局)で購入できる、安価なクレンジング剤の成分を分析して、

どのクレンジング剤がオイルフリー(オイル無配合)かを解説していきます♪

オイル配合クレンジング剤の使用を避けたい方はぜひ、この情報を役立ててください♪

クレンジング剤を構成する基本成分はなに?2つの種類あり!

まずは、クレンジング剤を構成する基本成分の説明を簡単に♪

今世の中にある、メイク汚れを残さず洗浄可能なクレンジング剤は、主に以下二つのタイプになります。

  • 界面活性剤型のクレンジング剤
  • 油性・オイル型のクレンジング剤

基本的にクレンジング剤には、オイル・界面活性剤両方、もしくはどちらか一方が配合されています。

オイル(油剤)は、メイクの油分と結びつき・溶かすことで洗浄します。

一方、界面活性剤は、メイクの成分である油剤を溶かして、洗顔の水と結びつくことで、メイク汚れを洗い流す役割を果たします。

Web上で界面活性剤を調べてみると、「界面活性剤は洗浄力が強いため、肌に悪い」という情報も出てきます。

でも、洗顔でお肌にメイク汚れが残ってしまっては意味がないので、毎日しっかりメイク汚れを洗浄するためには、界面活性剤(もしくは油剤)は必須の成分です。

※どちらも配合されていないクレンジング剤は、洗浄力が弱く、肌にメイク汚れが残ります。

オイル配合・オイルフリーのクレンジング剤を、種類・成分表から見分ける方法

クレンジング剤には基本的に、油剤か界面活性剤、どちらかは含まれています。

そして、市販のクレンジング剤にこのどちらの成分が含まれているのかを見分ける方法の一つに、クレンジング剤の形状の種類・タイプを見る方法があります。

オイルタイプのクレンジング剤

  • オイルクレンジング
  • ミルククレンジングタイプ
  • クリームクレンジングタイプ
  • クレンジングシート(オイルタイプ)
  • クレンジングジェル(オイルタイプ)

ノンオイル(オイルフリー)タイプのクレンジング剤

  • クレンジングジェル(オイルフリー)
  • ミルククレンジングタイプ(オイルフリー)

わかりやすいのは、製品の名称やパッケージに「オイル」と記載のある物。

こちらは間違いなくオイル配合のクレンジング剤です。

また他に、クレンジングクリーム、クレンジングミルクにも、オイル成分がほぼ含まれています

しかし、クレンジングジェルタイプには、オイル配合のものとそうでないものがあります。

そのため、ジェルタイプの場合は、購入の前にオイル配合か否かを、自分で見分ける必要があります。

その場合には、製品裏面の成分表から判断します。

ミネラルオイル」や「」と記載があれば、オイル配合であることがほとんどです。

※「油」には、例外あり。

でも中には、油剤が成分表に含まれていても、実は界面活性剤型のクレンジング剤のこともあり、

一概に一成分を見てオイル配合とは判断できない、判断の難しいところがあります。

ドラッグストアでプチプラ価格で購入可能なオイルフリークレンジング剤の例

ここから、ドラッグストアで購入できる、比較的プチプラ価格のオイルフリー(オイル無配合)クレンジング剤はどれか、を紹介します♪

オイル配合のクレンジング剤が苦手、もしくは肌に合わずに避けてる方は一定数いると思うので、(←私が正にそう。。)

オイル無配合のプチプラ(価格が安い)クレンジング剤について知りたい方はぜひ、参考にしてみてください♪

コーセー ソフティモのオイル配合とオイルフリー製品の例

まずは、どこのドラッグストアやスーパー、量販店に行っても必ず販売している、コーセーのソフティモブランドのクレンジング剤です。

ソフティモの製品には、オイルフリーと記載があるメイク落としもあります。

でも、クレンジングジェルタイプのクレンジング剤の中では、オイルについて無記載の製品もあります。

ソフティモの、オイル配合の製品と、オイルフリー(ノンオイル)タイプの製品は以下の一覧です。

■オイル配合のクレンジング剤

高保湿Wヒアルロン酸メイク落としクリーム (成分表にミネラルオイルあり)

しっかりホワイトメイク落としクリーム(成分表にミネラルオイルあり)

高保湿Wヒアルロン酸メイク落としジェル(成分表にジメチコンあり)

天然保湿Wコラーゲンメイク落としクリーム(成分表にミネラルオイルあり)

さっぱりホワイトメイク落としジェル(成分表にミリスチン酸イソプロピルあり)

■100%オイルカット(界面活性剤型)

スピーディクレンジングリキッド

スピーディクレンジングジェル

薬用ホワイトクレンジングウォッシュ(ミリスチン酸、水酸化Kあり)

泡で出てくる すっきりホワイトクレンジングウォッシュ

スピーディクレンジング泡

まずはオイル配合の製品から♪

クリームタイプは、オイル配合のクレンジング剤ですね!

あとソフティモは、ジェル形状でミネラルオイル配合(オイル配合)のものが多いですね。

ミネラルオイルは、名前から受ける印象は天然系?で、お肌に優しい印象を受けますが、オイル(油剤)の種類の中では炭化水素といって、洗浄力・脱脂力が一番強いタイプのクレンジング剤です。

※私は、このタイプのクレンジング剤は避けています。

そして、ソフティモのオイルフリーの製品は上で紹介した5つです。

100%オイルカットのものもあれば、オイル成分が少し含まれていて、でもクレンジング剤全体としては界面活性剤型の製品もあります。

泡で出てくるタイプのクレンジング剤は、基本界面活性剤型です!

ビオレのオイル配合とオイルフリー製品の例

次に、ビオレのクレンジング剤です。

こちらも、どのスーパーやドラッグストアに行っても販売されていますよね!

ビオレのオイル配合と、オイルフリー(ノンオイル)タイプのクレンジング剤は以下のようになります。

■オイル配合のクレンジング剤

うるおいクレンジングリキッド(成分表にミネラルオイルあり)

ごくリッチメイクオフクリーム(成分表にミネラルオイルあり)

メイクとろりんなで落ちジェル(ジメチコンあり)

界面活性剤型(オイルフリー)

メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化kあり)

メイクも落とせる洗顔料 さっぱりミルク(ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化kあり)

メイクも落とせる洗顔料 つるすべ美肌(ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化kあり)

しっかりクリアジェル(オイルフリー)

素肌つるるん クレンジングウォーター(ラウリン酸PEG-12あり 合成界面活性剤)

オイル配合の製品には、ミネラルオイルが配合されていますね。

界面活性剤型には、高級脂肪酸と水酸化kが配合されて、全体で界面活性剤型のクレンジング剤になっている製品が多めです。

界面活性剤型は、タイプ、ジェルタイプがやはり多いですね!

その他メーカーのクレンジング剤

その他にも、ドラッグストアや通販で多く販売されていて、オイルフリーのクレンジング剤がいくつかあるので少し、ご紹介します。

オイルフリータイプ

  • ビフェスタ クレンジングローション モイスト クレンジングリキッド
  • ハトムギクレンジングジェル
  • サンタマルシェ ディープクレンジング

この3つも、100%オイルフリーのクレンジング剤です。

私はハトムギクレンジングとサンタマルシェクレンジングを使用したことがありますが、

肌トラブルは起きませんでした。

敏感肌で、オイルフリーのクレンジング剤を探し求めている方はぜひ、このオイルフリー製品の情報を参考にして、毎日のメイク落としを行ってくださいね♪

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報項目別に纏めています!
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする