ブッキングドットコムの キャンセル条件・用語説明と予約手順を解説♪

こんにちは、ミッコです!

今回は、ブッキングドットコム(booking.com)にて海外ホテルを予約する際の手順と、キャンセル規定など、予約画面で表示される用語の意味をご紹介します!

海外ホテルは代理店を経由して予約するより、予約代行会社を通して予約する方が安いです!

ホテルへの出費を抑えて、お金をどんどん節約しましょう♪

以下が目次になります。

  • ブッキングドットコムでの海外ホテル予約手順
  • 予約画面でのキャンセル規定・返金不可・引き落とし詳細など用語解説

ブッキングドットコムでの海外ホテル予約手順

ブッキングドットコムのホテル検索画面にて、国・地域、日程の希望を入力すると、候補のホテルが一覧で出てきます。

料金のみでなく、各ホテルの評価が点数と口コミで出ているので、どのホテルにするか検討する際にとっても役に立ちます♪

そして、泊まるホテルを決めた後に、該当ホテルの「残りの空室を見る」を選択します。

すると以下のように、ホテルの部屋のランクごとに料金一覧が表示されます。

※ここでは例として、ローマ スターホテルズメトロポールの情報を参照します。

この一覧の中で、例えば同じ「スーペリア ダブルまたはツインルーム」(二人一部屋)の部屋でも、
その内容によっていくつかの料金パターンがあります。

(例)

パターン1◆朝食込み
返金不可
パターン2◆朝食込み
◆〇年〇月〇日までキャンセル無料
前払い不要 - 滞在時に宿泊施設へお支払いください

どの部屋ランクでも、パターン2のほうがパターン1に比べて料金設定が高くなっています。

この各部屋の条件・内容を見たうえで、そのままクレジット情報を入力し、予約が完了します。

予約完了したのち、登録メールアドレスに予約確認メールが送られてきます。

予約画面でのキャンセル規定・返金不可・引き落とし詳細など用語解説

上記の料金パターンを例に、予約画面上の用語の意味を以下表に纏めました。

返金不可予約をした時点から、部屋のキャンセルは不可。キャンセルをした場合、返金はなし。
キャンセル無料予約キャンセルは、文字通り〇日まで無料
前払い不要 - 滞在時に宿泊施設へお支払いください「予約時に登録済み」のクレジットカードにて現地決済

上記パターン1の「返金不可」の意味ですが、

基本的には予約をした時点から、部屋のキャンセルをした場合は返金なし

ということです。

ブッキングドットコムの担当者、ホテル次第では一部返金対応もあると聞きますが、

基本的には返金はないと考えて、その日程でのホテル利用が確定している場合にのみ、こちらで予約をするのがおすすめです♪

そして、パターン2の規定用語の意味ですが、

キャンセル無料は、文字通り〇日までキャンセル無料

前払い不要 – 滞在時に宿泊施設へお支払いくださいは、宿泊当日に「予約時に登録済み」のクレジットカードにて現地決済(前払いなし)ということです。

こちらの「予約時に登録済みのクレジットカード」ですが、ブッキングドットコムにて予約手続きを進める中で、クレジットカード情報の入力があります。

こちらでカード情報を入力すると、そのカードが問題なく決済可能なカードか、システム上でチェックが入ります。

カードに問題がなかった場合は、「引き落としされることなく」予約手続きが完了します。

そして、宿泊ホテルにて当日、「同一クレジットカード」にて現地決済をします。

主な用語解説は上記の通りですが、より詳細部分はホテルごとのキャンセルポリシーによって定められています。

例えば、上記例のスターホテルズメトロポールでは、

返金不可」の場合、料金の引き落としは前払いとして、宿泊施設の任意のタイミングで請求・引き落としをされる

〇日までキャンセル無料」の場合、期限以降にキャンセルした場合は、1泊目の宿泊料金が請求される。

と記載があります。

そのホテルのより詳細な条件・規定を知りたい場合は、同サイト上の
予約条件 ホテルポリシー キャンセルポリシー部分を参照されることをおススメします♪

予約が完了したあとの、宿泊に備えての準備・必要なものなどの情報も下記記事に掲載しております。
ブッキングドットコム予約後!海外ホテル宿泊に必要な持参物はなに?

海外旅行への出費は効率的に節約していきましょう♪

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報を項目別に纏めています!
クレジット、銀行預金口座、携帯・通信費、海外旅行個人手配などさまざま♪ ミッコの経験に基づいています♪
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

ブッキングドットコム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする