職場ストーカー男性の特徴・撃退方法と予備軍を見分ける方法、経験談

職場ストーカー男性って、働く女性にとってはかなり悪質で迷惑な存在です。

いや、男性のほうに悪気があまり無いこともありますから、悪質なんて言いきってしまったら、失礼とも思うんですよ。

純粋にその女性のことが好きなんですよね。

でも女性は、彼氏作りのために会社に来ているわけではありません

女性も、お付き合いをする男性を選ぶ権利、好意のない男性を拒絶する権利を当然持っています。職場であってもプライベートであっても、それは変わりません。

その女性の権利や気持ちを尊重しないで、職場であるにも関わらず、

その女性に対する好意を執拗に伝え続けるお付き合いをすることを迫り続ける、女性が帰るのを待ち伏せして一緒に帰ろうとする、女性の家まで着いてくる、個人の電話番号やメールアドレス、LineIDなどの連絡先をしつこく聞いてくる、恋心が届かないと知って逆上、逆恨みをする、職場での優位な立場を利用して女性に対して悪質で粘着質な嫌がらせをする…etc

このような職場ストーカー男性、程度の差こそあれ、女性で経験したことがある方は結構いるのではないでしょうか?

職場ストーカー男性にとっては、純粋な好意を女性に向けている所為であっても、上記のような行為は女性にとってはただの迷惑です。

職場ストーカー男性からの被害を少しでも無くしたい!

そう思ったので、どういう男性が職場ストーカー男になりやすいのか、同僚男性が職場ストーカー男になってしまった場合の撃退方法・対処方法、どうしたらその被害を未然に防ぐことができるのか。

考えられるだけミッコは考えました。

仕事を円滑に進めるためにも、会社・職場の上司・同僚とはできるだけ良好な関係を築きたいからこそ、

会社で職場ストーカー男があなたにアプローチを仕掛けてきた場合には、柔軟かつ毅然とした態度を取りましょう

職場ストーカー男になりやすい人、なりにくい人の特徴・違い

私がこんな記事を書いているのは、下でも書きますが、過去に職場ストーカー男性の被害を受けたことがあるからです。

プライベートでしたら、男性から好意を向けられたり、アプローチを受けたり、告白された場合の対応は簡単です。

こちらにその気がなかったら、ただお断りすれば良いのです。それっきりその男性には会わなければいいのですから、簡単です。

でも、職場だと話は複雑です。今後もその男性と仕事上かかわりを持たなければならないからです。

もしその男性が自分の上司だったりしたら、さらにややこしいですね。

職場で恋愛対象では無い、かなり年の離れた年配の男性(おじさん)からアプローチを受けたり、全くタイプではない・生理的に受け付けないような男性から好意を持たれてアプローチをされたり。

これは対処に困ります。

あまりにも無碍な態度を取ると今後の仕事に悪影響が出てしまう可能性もありますし。 逆恨みをされ、何か仕返しをされるのでは、と不安・恐い気持ちにもなります。

まずは、職場ストーカー男になりやすい男性の大きな特徴を2つ、記します。

特徴1 職場以外での交友関係・趣味を持っていない男性

一つ目の特徴は、職場以外での交友関係・趣味をあまり持っていない男性です。

プライベートでの交友関係が広く、趣味も多い男性でしたら、職場以外で女性と関わりを持つ機会が多いため、女性との出会いもありますし、話す機会もそれなりにできるでしょう。

そこでその女性に恋心を抱くこともありうるでしょう。

でも、もしその男性が、女性と知り合えるそういった機会を職場以外のプライベートで全く持てない男性であったら、どうでしょう??

その男性が恋心を抱ける女性は、必然的に会社の中の女性だけになります。

会社の中で、その男性の好みの外見をした女性や、その男性に優しく接してくれた女性に対して、その男性が必要以上の恋心を抱いてしまう可能性は、(会社外でも女性と接する機会が多い男性と比べれば)より高いと思います。

特徴2 女性慣れしていない、モテない男性

二つ目の特徴は、女性慣れしていない、モテない男性です。

これは私の独断と偏見です。不快になる男性がいたらすみません。

ですが、私の経験上、そういう男性こそ職場ストーカー男性になる可能性が高いのです。

なぜかというと、女性慣れしていない男性だからこそ、職場で男性に対して社交辞令として優しくしてくれた女性に対して「自分に好意がある」と勘違いをしてしまうから。

また、女性からモテない男性だからこそ、職場でその男性に対して(社交辞令で)優しく対応してくれた女性に対して一度好意を持ってしまったら、その女性に対して多くを求めてしまいたくなるのです。その一人の女性に執着・固執したくなるのです。

職場ストーカー男になりにくい男性の特徴

上記は、あくまで可能性が高い、というお話。

でも私は、自分の経験から自信を持って、上記二つの特徴を挙げました。

上記で上げた二つの特徴を持っていない男性については、逆に職場ストーカー男にはなりにくい男性です。

職場以外で女性と関わりが多かったり、女性慣れしていてモテモテな男性の場合は、

そもそも一人の女性に対して、ストーカー男になるまで執着・固執しません

それがプライベートであっても職場であっても、女性に好意をもって告白をして、仮にお断りをされた場合には、基本的にはすぐに諦めてくれます。

なぜなら、その男性にとって、代わりの彼女候補になる女性は他にもいるから

女性慣れしているからこそ、女性からお断りをされることにも慣れていますし、女性の気持ちを汲むこともできます。職場での、その後の仕事に影響がないように、お断りをした女性に対しても、他の人に対してと同様の態度で、普通に接してくれます。

これとは反対に、職場ストーカー男になってしまう男性は、女性に慣れていないからこそ、

お断りをされたことを受け入れられず、その後も「何度もアプローチ・告白をすればいつかは女性に受け入れてもらえる」などと間違った考えを持ってしまう

もしくはお断りをされたことに対して逆上し、女性に対するアプローチをさらに積極的にする、もしくは嫌がらせをするなど、その女性に対してさらに執着・固執し、より職場でのストーカー行為をエスカレートさせてしまうのです。

職場ストーカー男性の効果的な撃退方法と私の経験談

もしも、会社の男性が職場ストーカー男になってしまった場合に、どう撃退したら良いか、実際に私がとった行動で効果的であったものを二つ、紹介します。

撃退方法1 上司・同僚等、周りの人に男性の話を共有しておく

一つ目の撃退方法は、職場ストーカー男になってしまった男性のことを、自分の同僚や上司、周りの信頼のできる人に事前に話をしておくことです。

話をしておくこと、なぜ大切かというと、その職場ストーカー男が貴女にいつか、常識の範疇を超えたストーカー行為をしてきた時に、職場の周りの人を貴女の味方に付けるためです。

家までの帰路を付けられたり、女性の家・部屋の前で待ち伏せをされるなど、警察が絡むべきストーカー行為はもちろんですが、それ以外でも、職場内で手や肩、背中など身体を触ってきたり、業務と関係のない話で会議室に拘束をされたり、必要のない二人っきりの打ち合わせを高頻度で設定されたりなど、職場だからこそできるストーカー行為はたくさんあります。

特に手や肩、背中など身体を触ってきたり、打ち合わせを設定されたりなどは、物理的な証拠が残りにくいものです。

職場ストーカー男のストーカー行為がエスカレートをする前に、その男性が

自分に好意をもっているらしいこと」や「実際にこれまでにされたストーカー行為

を、職場の信頼できる人に話をしておいてください。

証拠に残りにくい、なにかの「ストーカー行為」を実際にされたときに、周りの人がその男性の女性に対するこれまでの「ストーカー行為」を知っていれば、その男性の上司から直接、そのストーカー男に注意をしてくれるでしょう。

撃退方法2 証拠メールや着信履歴を気持ち悪くても消さない、残しておく

二つ目の撃退方法は、その男性からのアプローチメールや着信履歴など、職場でのストーカー行為を示す証拠物件をしっかりと残しておくことです。

そういったメールなどは気持ちが悪くて、どうしても削除したくなりますよね。

でも、保存をしておいてください。

私が職場ストーカー男から嫌がらせを受けた時に、この消さずに残しておいたメールがとても役立ちました。

職場ストーカー男を効果的に撃退する方法 私の経験から

私が実際に職場ストーカー男性に好意を持たれて、そのあとに嫌がらせを受けた際に、

そのことを周りの人に事前に話をしておいたことと、証拠物件を残しておいたことが、職場ストーカー男の撃退周りの人を味方につけることにとても役立ちました。

その男性が私に好意を持っていることを初めて知ったのは、同僚女性から

「ミッコさんのこと、この前の飲み会で酔っ払った○○さん(職場ストーカー男)がすごく褒めてたよ!すごく好きだって笑!」

と聞いたときです。

その話を聞いた後も、その男性とは仕事上仲良くしていましたが、ある日を境に

夜の飲み休日の遊びに頻繁に誘われるようになったり、帰りに待ち伏せをされたり、他にも色々されました(詳細は省きます)

お誘いに対しては全部笑顔で「用事があるので」「忙しいので」と無難に断っていましたが

私がその男性に好意が無いことに気が付かないのか、その男性はお誘いを止めることがありませんでした。

その男性からお誘いを受けても断り続ければ良い、問題ない、私はそう考えていましたが、

私が仲の良い職場の他の男性とのご飯には行っていることをその男性が知った後から、その職場ストーカー男からの職場での嫌がらせが始まりました。(好意→悪意に変わるパターンですね)

その嫌がらせは、実際の証拠には残らないものがほとんどでした。

最初は気に留めないように努めていましたが、

だんだん会社に出社するもの億劫・嫌になり、「今日は何をされるのか?」「されないのか?」と常に考え、精神的な疲れ・ストレスがどんどん大きくなっていきました。

そして、最終的に我慢ができなくなったため、私はそのことを上司に報告しました。

その時に役立ったのが、その職場ストーカー男性からアプローチ・嫌がらせを受けた時の複数の社内メールと、周りの人の証言です。

私はそのメールを削除せず、全て保存していました。また、その男性からアプローチ(ストーカー行為)を受けて困っていることを、同僚(女友達)二人に愚痴で話をしていました。

また、その職場ストーカー男が私に好意があることは、最初の飲み会に参加している人、上司を含め複数人が知っていました。

そして、私が嫌がらせを受けていることを知っている同僚二人が、その内容を上司に証言してくれ、証拠の社内メールを私から上司に見せたことから

最終的に、その上司も私の味方になってくれ、職場ストーカー男に直接、注意をしてくれました。

職場ストーカー男・予備軍を寄せ付けないための予防方法

会社・職場では良好な人間関係を築きたいですし、快適な職場環境で仕事をしたいですよね。

そのためにも、職場ストーカー男・その予備軍をそもそも寄せ付けないことが重要です。

職場の人間関係を円滑にするためには、全ての人に対して優しく・丁寧に接することが必要ですが、他の人に対してと全く同じ接し方・対応をしているのに、それを好意だと勘違いするストーカー気質の男性は存在します。

ですから、そういうストーカー気質の男性(職場ストーカー男予備軍)に対しては、

もしかして、ストーカー気質な男性かも?」と確信を持てた段階で、その男性に対する接し方を変える・工夫をすることが必要です。

※確信を持てない段階で、その男性に対してだけ冷たくしてしまうと、(その男性が普通の男性だった場合に)その男性に対してとても失礼になってしまいます

予防方法1  仕事・業務以外のプライベートな会話を振られても、短く終わらせる

職場ストーカー男・予備軍を寄せ付けないための予防策の一つ目は、その男性からプライベートな会話を振られたときに、長くは話さず、会話を短めに切り上げることです。

会話を短めに切り上げる=自分から自分のプライベートなことを必要以上に話さない聞かれたことにだけ簡潔に答えて会話をそつなく終わらせることです。

その職場ストーカー男(予備軍)との会話中に笑顔をあからさまに少なくすることも有効ではありますが、女性側がその男性に対してだけ笑顔が少ない、または態度を悪くしてしまうと、その職場ストーカー男(予備軍)が、その女性に対して反感を持ってストーカー行為をエスカレートさせてしまう可能性がありますし

職場の他の同僚が、その男性にだけ冷たい態度をとる貴女の姿を見たら、「人によって悪い態度を取る好ましくない女性」という、貴女に対しての良くない印象を持たれてしまう可能性があります。

ですから、職場ストーカー男(予備軍)に対して、あからさまに冷たい態度は取らず、でも必要以上に親しくしないことを意識してください。

予防方法2  彼氏がいると(本当はいなくても)伝える

職場ストーカー男・予備軍を寄せ付けないための予防策の二つ目は、彼氏がいると伝えることです。

これが最も簡単な、職場ストーカー男(予備軍)を寄せ付けない方法です。

彼氏がいない場合でも、「彼氏がいる」とウソをついてください

もし職場ストーカー男(予備軍)を撃退・予防したいのなら。

そうすれば、職場ストーカー男(予備軍)の大半は職場ストーカー行為を止めるでしょう。

なぜだかわかりませんが、職場ストーカーをする男性(プライベートでもそうですが)は

そのターゲットとする女性には彼氏がいない前提でアプローチをかけてきます。

女性慣れしていないからこそ、女性に夢を見すぎているのでしょうか?

私も、彼氏が「いる・いない」すらその男性に話をしていない段階から、なぜか、「私に彼氏がいない前提」で話を進められました。

そのターゲットとする女性には、彼氏がいないと信じたいのでしょうか。。

そのターゲットとする女性に彼氏がいるとわかった後でさえ、自分に振り向いてくれると勝手な勘違いをしてアプローチ(職場ストーキング行為)を止めない職場ストーカー男(予備軍)は一定数いますが、

「彼氏がいると伝えること」で諦めてくれる職場ストーカー男(予備軍)もいます。

ですから、職場ストーカー男(予備軍)を撃退・予防したい場合には、上記の対処方法をぜひ取ってみてください。

貴女のオフィスライフがより快適なものになりますように♪

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報項目別に纏めています!
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする