歯と歯肉を長持ちさせる歯磨き粉・歯ブラシの選び方3選!自前の歯をいつまでも♪

歯の健康維持はとても大切です。

もし、高齢になるまでずっと、自分の歯が抜けることなく維持できれば、インプラント治療入れ歯治療に余分にお金をかける必要もないですし、歯の心配をすることなく、毎日おいしい食事を楽しめます。

私の祖父は高齢ですが、これまで咥内トラブルもなく自前の歯を維持してきました。 でも、最近徐々に歯が抜け始め、食事をしているときにも歯を気にしながら、慎重にご飯を食べています。

「抜ける前と後では気の遣いが変わった」そう言っている祖父を見て、

「ずっと自分の歯で生活できることって、お金にも優しいし、気持ちの面での安心感も違うのだな~」

そう実感しました。

歯の病気や、年齢を重ねることで、歯が抜けてしまうことは多々あります。そして、その原因となる歯の病気は主に、歯肉炎・歯周病です。

この記事では、そういった病気にかからずに、自前の歯を長期的に維持するために、毎日できる予防策や、歯磨きの時に注意するべきこと3つを紹介します!

全て歯医者さんで指摘をされたことです♪

  • 歯ブラシの「かため」は避ける!「ふつう」以下がオススメ
  • ホワイトニング歯磨き粉(研磨剤使用)は避ける
  • 歯周病予防の歯磨き粉が歯に優しく健康的な理由

歯ブラシの「かため」は避ける!「ふつう」以下がオススメ

まず最初は、歯ブラシの選び方に注意が必要です!

歯ブラシは皆さん、特に意識せず自分の使い心地のよいものを選んでいると思いますが、歯ブラシの「かたさ」は、歯と歯肉の健康に大きな影響を与えます。

かため」の歯ブラシを使って毎日歯磨きをすると、歯のエナメル質を薄くしてしまうのに加え、健康な歯肉を削ってしまう可能性が高まります!

※私が実際に歯医者さんに指摘されたことです。。泣

強く歯磨きは歯肉を削る原因?私の経験談と歯医者に指摘された間違った&正しい磨き方!

かためのほうが、歯に付着した汚れがより落ちやすくて良いのでは?と感じるかもしれませんが、むしろ「ふつう」でも汚れはしっかり落ちます!

自分の健康な歯茎を削ってしまい歯の健康を損ねるリスクと比較すれば、「ふつう」「やわらかめ」の歯ブラシを毎日使うほうが長期的に見たら歯の健康には良いのです♪

ホワイトニング歯磨き粉(研磨剤使用)は避ける

歯の健康を維持するためには、歯磨き粉の選びかたはとっても大切です。

どういった歯磨き粉が良いかというと、ずばり!「研磨剤」が配合されていない歯磨き粉です!

研磨剤は、歯に付着したステインなど汚れを取るために、歯本体の表面組織「エナメル質」を削る(薄くする)働きをする成分のことです。

歯のエナメル質は、歯本体を外部から守るために役立つ大事なバリア機能を持っているため、歯磨きでこのバリア機能を低下させる恐れのある研磨剤は、毎日長期的に利用すると歯の健康寿命を縮めます!

そして、この研磨剤は特に、歯を綺麗に見せることに重点を置いた「ホワイトニング」歯磨き粉にはほぼ100%、成分として含まれています。

自前の歯をずっと保持したい方は、研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉の使用は控えることをおすすめします。

歯周病予防の歯磨き粉が歯に優しく健康的な理由

では、研磨剤入りの歯磨き粉が良くないのなら、「どんな歯磨き粉を利用すれば良いのか???」

歯の健康維持のために一番おススメな歯磨き粉は、歯肉炎・歯周病予防の歯磨き粉です!

これは、今歯肉炎や歯周病にかかっていない方にも、一番おススメな歯磨き粉です。

年齢を重ねるにつれ、歯や咥内環境のトラブルによって、歯がぐらぐらして抜けてしまう可能性は次第に高くなっていきますが、

その歯が抜ける直接の原因は、中高年では歯周病による歯肉の後退が一番多くの割合を占めます。

歯周病は、初期では痛みなどの自覚症状がないため、気づかないうちに進行します。

最初は、歯と歯肉の間に歯石が蓄積し、その歯石が徐々に歯本体を支える歯根膜や骨を溶かしていき、最終的に歯が動揺(グラグラ)して抜けてしまいます。。泣

歯周病は、かかってから対処をするよりも、かかる前の段階で予防策をとっているほうが、病気の発生を防ぐor進行を遅らせてくれます!

歯周病(歯槽膿漏)対策の歯磨き粉は、ガムンタルペーストACシステマ EXハミガキなど、市販商品でたくさんの種類があり、お安く購入することができます。

もちろん研磨剤は入っておらず、歯のエナメル質(バリア機能)を高める成分「IPMP(イソプロピルメチルフェノール)」や「コーティング剤」などの薬用成分が配合されています。

この歯磨き粉を歯周病にかかる前から愛用することで、歯周病の予防はもちろん、虫歯や病気によって将来的に歯が抜けるリスクを減らしてくれます

高齢になっても自前の歯で生活ができるように、歯ブラシと歯磨き粉を工夫して、今から自分の歯・歯肉を大切にケアしていきましょう!

強く歯磨きは歯肉を削る原因?私の経験談と歯医者に指摘された間違った&正しい磨き方!

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報を項目別に纏めています!
クレジット、銀行預金口座、携帯・通信費、海外旅行個人手配などさまざま♪ ミッコの経験に基づいています♪
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする