真冬に暖房無しで寝られるパジャマはなに?保温性高すぎフリース素材の活用法♪

ミッコです~

今日は、寒い時期(真冬)に寝るときに、暖房いらずで身体を温かくして寝ることができるパジャマについて記事にします~

私は真冬の夜は寒すぎて、つい暖房をつけっぱなしにしてましたが。。笑

寝るときのパジャマを変えたら、寒さを感じずに暖房なしで真冬も睡眠を取れるようになりました♪

電気料金の内訳のなかで、一番お金がかかってしまうのが冬の暖房料金です。

暖房代のお金を節約するためにも、夜は暖房オフで行きましょう♪

このパジャマを利用している人、実は多いかも??

真冬の夜の睡眠に最適なのは、フリース素材のパジャマ♪

真冬の夜に暖房無しで快眠を取るためには、フリース素材のパジャマを着ると良いですよ!

フリース素材とは、化学繊維である「ポリエステル」素材を、起毛させてフェルトのような表面に加工した生地(素材)のことです。

このモコモコ素材のパジャマです! 冬用のひざ掛けにとても多い素材です!

この素材を着て寝ていると、身体の体温を外部に全くといっていいほど漏らさないんです!

フリースで寝ると逆に暑い。朝もベッドから苦なく出られる!

このフリース素材のパジャマで寝るようになって、夜暖房をつける必要がなくなりました。

夜、気温が0度の日でも、このパジャマ着ていると外の寒さを感じないんですよね。(←大げさじゃないですよ!)

なので、フリースパジャマで外気を防げない足も、フリース素材の靴下を穿いて、夜は寝ます! こうすると防寒対策完璧です!

フリースパジャマで睡眠をとると、朝起きたときに一番辛い、

「ぬくぬくベッドから起き上がる瞬間」

この時にも、外気の寒さを感じないので、もたもた時間をかけないでスムーズに起きることができるんです! この朝の一番つらい瞬間をパジャマで回避できるので、私はフリースパジャマをずっと愛用しています♪

着はじめた当初、フリースパジャマで身体のかゆみを感じるように。。

ただ、このフリースパジャマを着はじめて3日後くらいから、身体のかゆみを感じるようになりました。。

このかゆみがまさかパジャマが原因とは思っていなかったのですが、調べてみるとフリース素材のパジャマは吸汗性がなく、化学繊維のため、肌の弱い人やアトピー体質の人には向いていないとか。。?

実際、身体が痒くなって着るのをやめた。。こういう口コミも多かったです。

身体のかゆみを感じないために、下にヒートテックを着れば簡単解決♪

身体は痒くなったけど、でも暖房無しで真冬も過ごせるし、朝も辛くないし、フリースパジャマを着続けたかったので、

パジャマの下にヒートテック(首まで隠してくれるタイプ)を着て寝るようにしました!

こうするとパジャマに肌が直接触れないので、かゆみも無くなりました!

上のフリース素材のおかげで、真夜中に暖房をつけることも無くなったので、月々の電気料金を1000円~1400円も節約できるようになりました笑

痒みをもし感じた方は、首まで隠してくれるインナーを下に着れば、フリースパジャマで暖かく、快適な睡眠がとれますよ♪

脚も、タイツタイプのヒートテックがユニクロなどで販売されてますしね!

冬の夜の防寒対策で、暖房要らずの生活&電気料金を節約しましょう~♪

<当ブログは、日常生活の中で活用できるお金に関するお得情報・お役立ち情報項目別に纏めています!
サイトの「カテゴリー」から、気になる項目をぜひ見てみてください! 日々更新中♪>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする